読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小岩「銚子屋」で昼から呑む

昼から酒を呑む。我ら人類に許された最後の自由である。
 
小岩駅京成小岩駅の間にある銘店「銚子屋」。昭和から脈々と昼呑み客に自由の翼を授けてきた。
 
昼なのに居酒屋の暖簾が出ていることに少し違和感を感じるが、入ってしまえばまるでそこはおじいちゃんちの茶の間のようた落ち着いてしまう。
 
まずはビールを頼む。キリンとアサヒがある。
 
f:id:mint6626:20160411195504j:image
 
もちろんキリンだ。異論は認める。
 
この日は少し朝ばむ気温。1杯目のビールがするりと胃の中に収まる。
さて、何をアテにするか。
ビールに合うメニューを探す。そう、餃子である。
 
しばらく突き出しのマグロの煮物をつまみつつしばらく待つと、餃子がやってきた。
ぷりっぷりである。今にも溢れ出しそうなタネ。適切に的確に焼かれた、文句のつけようが無い大き目の餃子。
併せて、いもサラダもオーダーする。ポテトサラダである。
 
餃子も、いもサラダも、全てが手作り。この時点で3000円は支払いたい気持ちだ。
 
f:id:mint6626:20160411195545j:image
 
日曜の午後ということもあり、店内のテレビには競馬中継が流れている。
競馬には詳しく無いが、おじいちゃんちで流れているテレビに文句を言う人がどこにいるだろうか。興味が無いものでも、ゆったりと異文化として酒のつまみになる。それがこの銚子屋の醍醐味でもある。
 
さて、餃子も食べ終え、メインレースが始まろうとしている。
何にするのか。
やはり日本酒である。メニューは清酒(小)と、清酒(大)。
昨今の細かいドリンクメニューは雰囲気を壊す。ビール、清酒、これで良いのだ。
 

f:id:mint6626:20160411195554j:image

 
日本酒に何を合わせるかと言えばもちろんそれは、鮭である。
日本人に生まれて良かった、と思う瞬間は、酒を鮭でいただくときである。
脂が適度に乗った鮭が香ばしい。皮まで余すところなく全てが美味しくいただける。

f:id:mint6626:20160411195534j:image
 
メニューはたくさんあるが、今回はこの辺りで退散である。
お会計をお願いすると2,400円。は、、、何だこのリーズナブルな価格は、、、。
即座に来週の日曜日の予定も確認してしまった。
 
f:id:mint6626:20160411195440j:image
 
午後14時から2時間飲んでもまだ16時。
最高の気分である。
その後、近くの銭湯「吉野湯」で風呂を浴びて帰った。
 

交通手段

JR小岩駅北口から徒歩13分

京成小岩駅から442m

営業時間

7:00~22:00

※最近は、朝7時ピッタリに開店しないそうなので
できれば来店は、7時30分ぐらいからにして欲しいとの事

朝食営業、ランチ営業、日曜営業

定休日

ほぼ無休

 

 

所在地:東京都江戸川区西小岩3-36-20 
電話番号:03-3657-3644
営業時間:15:00~24:00
定休日: 土曜休み
入湯料: 大人430円 中人(小学生)180円 小人80円