読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「中田敦彦×映画宣伝プロデューサー」

f:id:mint6626:20121104122327j:plain

なかなか良い番組でした。 
オリラジあっちゃんの仕事ぶりが芸人らしからぬ仕組み化されたスタイルだったり、 
他人の意見を取り込みながら成果を出していくこと、その先にあるコンビ論、 
などなど、短時間でわりと学ぶことが詰まってました。 


仕事ハッケン伝 「中田敦彦×映画宣伝プロデューサー」 

宮崎駿監督の最新作の舞台裏に、オリエンタルラジオ中田敦彦が飛び込んだ! 
上司はプロデューサー鈴木敏夫。「鈴木なくして宮崎なし」と呼ばれるらつ腕だ。

リクルート「じゃらんnet」の宿泊データ+コロプラでユーザーデータを分析

f:id:mint6626:20120126111814j:plain

面白そうな記事だったのに、ほとんど分析結果が載ってなくて残念記事。

じゃらん」が明らかにした旅行者の意外な足跡、
カンと経験の地域活性化に登場した新手法とは?


以下、要約。

(分析に使うデータ)
リクルートの自社媒体である「じゃらんnet」の宿泊データ
・コロプラが提供する全国300万人以上の会員数を持つ位置ゲームの位置情報

(分析からわかったこと)
北海道民が夏に旅行で目指す定番は、旭山動物園ではなく、積丹半島のウニだった
・1泊しかしていない観光客の行動範囲は、千歳空港と札幌市周辺に限定されている
・札幌で連泊する客を増やすことが、かえって旭川市への誘客につながるのでは無いかと、推測
・沖縄を例に取れば、「リピート3回目までは本島を訪れ、4回目以降は離島を訪れる」

支持されるライターBiC

f:id:mint6626:20160411104030j:image

 

喫煙者に必須なのがライターですが、圧倒的に支持されてるのはやっぱりビックかと思います。大と小があるんですが写真は小のほう。

 
色は、ブルー、グリーン、ブラックなどあり、一番人気はオレンジだと思います。
 
コンビニでも買える手軽さも相まって多くの人が使っています。
 
実は手軽にオリジナルを作れるというのもビックの魅力。会社やグループのビックを作ってみるのはオススメです。

 
ビックの魅力は、デザインはもちろんですが手に収まりやすいというのが大きな魅力。小のほうならタバコの箱にも収まってしまうのでライターが無い!ということに陥らないという便利さ。
 
ビックはBICジャパン株式会社という会社が作っていて、実はライターだけでなく文房具なんかも販売しています。
始まりは1945年なフランスから。世界的なブランドだからデザイン、品質共にレベルが高いんですねえ。
 

 
一つのことにこだわるのって大人としてカッコいいですが、ライターも変な蛍光色のものを使うよりビックに統一してみるのはオツかと思います。

雨ビジネスアイデア

f:id:mint6626:20160409120935j:plain

とある屋上にいたら雨がポツリと降ってきたので、 
雨ビジネスアイデアシリーズ: 

1.映画で雨を降らせる専門演出企業 
ポツリポツリと振る雨を作るのは結構難しいと思われる。 
でもハリウッドとかではそんな叙情的なシーンは無さそうなので、 
カンヌとかに出る国の映画プロダクションがお客さま。 

2.雨の中で飲むダイニングバー 
とりあえず入店したらロッカーで濡れて良い格好に着替える。 
ドリンクにも雨が入ると保健所に怒られそうなので一応そこは小さな雨よけ作る。 
雨の中で吸う煙草も美味しそう。 

以上!

Amazonの食料品販売の行く末

・寝る前に発注すると、次の日の朝食に間に合う
・もやし1袋のみ合計29円でも送料無料
・1クリックで購入ボタンで買ってしまうと、サラダを作ろうと思って買ったトマトとキュウリが別々に届く
・トマトとキュウリをカートに入れると、この商品を買った人はこんな商品も買っています、でマヨネーズが表示される
・マヨネーズをカートに入れると、おすすめ商品に黒烏龍茶が表示される

まいばすけっとで買える美味しいおすすめ赤ワイン

f:id:mint6626:20090801182432j:plain

最近、都内に乱立している「まいばすけっと」ですが、
イオングループなわけですが、

SUN OF AFRICAというライオンが書いてある赤ワインがあった場合、
きっと480円のアフリカ共和国産なんですが、
これが、
・シラーズ種の深い色合いが力強さ
カベルネ・ソーヴィニヨンの果実味と香り
メルローの芳醇さがあいまって
・バランスのとれたフルーティーでエレガントに仕上がり
・信じられないプライス
ということで、
まいばすけっとに無ければ買う必要は無いですが、
これはお値段以上というやつです。

 

item.rakuten.co.jp

auのオペレーターで失う1人の客にどれだけ広告費かけてるのかって話

f:id:mint6626:20121219200526j:plain

auのお客様センターTELにて。

以下要約:

自分「wimaxデータ端末壊れたので修理したいんですが」
オペ「2週間はかかります」
自分「代替機ください」
オペ「auショップにあればお貸しできますが、たぶん準備されてないです」
自分「どこのauショップならありますか」
オペ「把握していません」
自分「それでは、あなたではなく私がauショップに片っ端から電話するのですか」
オペ「はいそうです」
自分「代替機無かったら、2週間待てないので解約します」
オペ「了解しました。解約はauショップでできますので。あとはご質問ありますか」
自分「失礼します」

このwimaxの1契約とるのに、いったいいくらの広告費と営業マンの汗が流されていると思っているんだ!なんでこんなに他人事なんだろう!